季節商品  性別を意識  予算の相場  景品の定番  いくつくらい  向いていない SITEMAP 

喜んでもらえる景品を考えよう

参加者がもらって嬉しい物

忘年会景品に喜ばれる物
忘年会は、その年の様々な思い出を振り返りつつ、
労をねぎらい合いながら来年への期待に胸を膨らませる場です。

ですから、その際に受け渡しをすると忘年会景品は、そうした場の雰囲気や
参加者の気持ちを損ねないような商品を選ぶことが求められます。

このようなことを踏まえたうえで、忘年会景品に向いていない商品には
どのようなものが挙げられるかと言うと、まずは利用する人が限られている、
あるいは利用できる場所が限られているものなどが挙げられます。

たとえばいくら世界的に有名なブランドのシャツだからと言っても、
その色やデザインがすれ違った人が振り返るようなものであった場合、
受け取った側としては困ってしまいます。あるいは旅行のチケットでも、
その行き先がとんでもなく遠いとか、知る人ぞ知ると言うような秘境のような
場所であった場合、やはり受け取り手としては素直に喜べないのが本音です。

忘年会景品だからこそ、記憶に残るような、インパクトのあるものを選びたくなる気持ちはわかります。

ですがだからこそ、忘年会の楽しい気持ちがそのまま続くような、誰しもが利用できる、
楽しんで利用できるような無難なものを選ぶべきです。それから利用価値が明確でないものも、
忘年会景品には向いていません。

一般的に利用価値が明確だと思われがちな金券も、しかし、その対象商品や店舗を限定ししまうと、
途端に利用価値が薄れてしまうこともあるので注意が必要です。

そして値段にも気をつけたいところです。

忘年会景品購入に際しては予算があると思いますが、
あまりにも価格が安すぎるものは、やはり景品としては不適切です。

そうかと言ってあまりにも価格が高すぎるものは、逆に受け取った側も気が引けてしまうので、
ほどほどの価格帯のものを得選ぶことが求められます。

四季折々  男性が嬉しい  おいくら?  金券  準備の数  sitemap  無難 

Copyright© bounenkaiAll Rights Reserved.