季節商品  性別を意識  予算の相場  景品の定番  いくつくらい  向いていない SITEMAP 

喜んでもらえる景品を考えよう

景品はいくつ用意しておく?

忘年会景品に喜ばれる物

忘年会景品はいくつ準備していれば良いか
忘年会にBINGOゲーム等の景品が貰えるゲームは付き物です。

しかし、「初めて幹事に抜擢されたが忘年会景品はいくつぐらい用意すればいいのかわからない」
という方もいらっしゃいます。

一般的には、忘年会景品の数は出席者の人数に対して「約3割」程度の数を用意します。

例えば、100名出席予定の忘年会であれば、単純に忘年会景品は約33個用意します。
60名出席予定であれば約18個、30名出席予定であれば約9個程用意します。

・忘年会景品はどうやって選ぶのか参加人数にもよりますが、例えば30名出席予定で
忘年会景品を9個用意した場合に、その9個のうち上位5個迄を特別視した物、
皆が欲しがるものにするといった様にランク付けします。

(最近ではテーマパークチケットや・家電製品・ゲーム機・ギフトカタログ等が多い様です。)

そして次に予算の割り振りを行います。1位の人への景品は一番高く、2位の人への景品は2番目の高く、といった様に
上位から順番にお金をかけていきます。

割り振った予算内で景品を準備していくとわかりやすく、スムーズに選定をしていくことができます。

予算によっては参加者全員に配ることができる粗品等を用意することもできます。
いずれにしろ忘年会景品に、この参加人数にはこの数景品を用意しなければならない、といったような
形式や決まりは無いので予算に併せて景品の数を少し増やしたり、減らすこともできます。

四季折々  男性が嬉しい  おいくら?  金券  準備の数  sitemap  無難 

Copyright© bounenkaiAll Rights Reserved.